読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Gibraltar" オーストラリアの360万坪の牧場から

オーストラリアの田舎にて牛を育てる日本人のブログ。日本では有り得ない日常や日々の生活、360万坪の牧場での出来事を記事にしています。 過去の記事は旧ブログでご確認下さい。 旧ブログアドレスhttp://s.ameblo.jp/gibraltarmasashi/ 

初体験

それは先週の金曜日の事。

以前から子供が学校の友達を家に呼んでお泊り会をしたいと言っていたのですが、この家は人を呼べるようなキレイな家じゃないので、ずっと子供達は我慢をしていました。

妻によると、最大の人を呼びたくない理由はお風呂。お風呂がとにかくキレイじゃないのです。
確かにタイルは剥がれ落ち、壁はボロボロ、浴槽のペンキは剥がれてるし、水漏れも起こる。
築100年近けりゃまぁ仕方ないですね。

このお風呂が最近になって水漏れが酷くなり、どんな状況でも特に気にしない僕でも耐えられなくなったので、改装をする事にしました。
そして改装も終わり、長男の誕生日パーティーも兼ねて遂に長男にGoサインが出ました。

最初に「友達を呼びたい」と言った日から三年は経ったでしょうか?
ついに先週の金曜日に念願かない友達三人を家に呼んでのお泊り会が実現しました。

金曜日の午後、スクールバスがバス停に着くと三人降りてくるはずの友達が一人いない。
聞いてみると「ランチタイムに具合が悪くなり吐いたので今日は来れない」との事。
友達もずっと前から家に来たがってたので悔し泣きしながら学校を早退していったそうです...

さて、残った友達二人と子供達は早速バイクに乗ったりして広い牧場で遊んでいます。
学校が終わって家に着くのは4時半なので、僕は夕食のBBQの支度をしようと庭に出ると、あれ?
友達一人様子がおかしい。どうやら吐いてしまったようだ。

聞くと、同じ学校で六人の子供がやはり吐いて学校を早退したらしい。
ちょっと怖い話しだし、ここは街から40分も離れた場所なので、万が一があっても嫌なので残念だけど家に送り届ける事にした。
なんというタイミング。息子も友達も三年も我慢してやっと実現した事なのに、もうすでに友達二人が脱落...
僕が友達を送って帰ると、残った友達一人と息子はBBQで焼く予定だったお肉を家で食べて静かなバースデーパーティーをしていた。

デザートのケーキも食べて、ラグビーリーグの準決勝をテレビで見て盛り上がったらもう寝る時間。
金曜日という事もあり、僕達親も子供達もすぐにベッドに入ってしまった。

ベッドに入り寝ていると何か騒がしい。

どうやら妻と子供達が話している声がする。
何かあったのかなと起きてみると...
リビングにゲロ...大量のゲロゲーロ.....

長男が吐いてグッタリしている。

これはおかしい。全員症状が同じだ。
真っ先に食中毒を疑ったけど、吐いた全員食べてる物も飲んだ物も違う。
そうなると...インターネットで調べたらノロウイルスそっくりの症状。

数回吐いて下痢をして、他に感染する。

その日は結局長男も寝てしまい、翌朝に友達を送り返してお泊り会は終了...

なんて可哀想な結末。

しかし、これだけじゃ終わらなかった。

その日の昼、次男がゲロゲロし始め、その夕方に三男と妻が始まった。
生き残るは僕だけ。

忍び寄る恐怖。でも何も出来ない僕。治療方法や薬は無いらしいので、時が過ぎて自分が感染しない事を祈りベッドに入り眠りにつく。

そう。ベッドに入ったつもりがトイレにへばりつく僕がいるんです。

家族全員感染完了。

結局家族五人、友達二人が目の前で感染。その他に学校の子供だけで十五人ほど感染したようです。
家族を含めたら大量感染ですね。

元気になったらもう一度友達を呼んであげよう。

みなさん、手洗いはしっかりして下さいね。