読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"Gibraltar" オーストラリアの360万坪の牧場から

オーストラリアの田舎にて牛を育てる日本人のブログ。日本では有り得ない日常や日々の生活、360万坪の牧場での出来事を記事にしています。 過去の記事は旧ブログでご確認下さい。 旧ブログアドレスhttp://s.ameblo.jp/gibraltarmasashi/ 

ありがとう

オーストラリアも春に近付き暖かくなってきました。
春になると子牛がポコポコ産まれ始めて牧場は賑やかになります。

この牧場で産まれた牛は基本的に地元のセリに出します。
今日は去年産まれた子牛を明日のセリに出す為にトラックを呼びセリに送りました。

「去年の子牛」と言っても、この数ヶ月で産まれた時よりも100キロ〜200キロは太りました。
f:id:gibraltarmasashi:20160814172329j:plain
f:id:gibraltarmasashi:20160814172352j:plain
f:id:gibraltarmasashi:20160814172753j:plain

この牛をトラックに載せる準備が出来た頃に予約しておいたトラックが牧場に到着しました。
f:id:gibraltarmasashi:20160814173005j:plain
f:id:gibraltarmasashi:20160814173032j:plain

こちらで牛に係わる仕事の人はトラックドライバーでもカウボーイの出で立ちです。

さぁ、牛を後ろから押したり脅かしたりして階段をのぼらせてトラックに載せましょう。
f:id:gibraltarmasashi:20160814173451j:plain

子供も参加して押していきます。
f:id:gibraltarmasashi:20160814173619j:plain

こうして無事に33頭がトラックに載り、明日のセリで自慢の牛に高値が付く事を祈ると同時に、健康に育ち、我が家に生きる糧を与えてくれてありがとうと言い送り出すのでありました。

ありがとう。